人とのつながりでトラブルを起こしがちなアスペルガー症候群

なかなか周囲になじめず悩んでいる方へ

本人に悪気はないのです!

 

以前お話に出たと思いますが、アスペルガー症候群の方
相手の気持ちを汲み取る事や、
その場の雰囲気を読んで行動に移す事が苦手です。

 

 

本人は悪気は無くても人を怒らせてしまって
トラブルに巻き込まれることもあります。

 

アスペルガー症候群はトラブルが起こりがちです。

特徴を知り、今後に生かしていきましょう。

社会性の障害って?

なぜそうなるかというとアスペルガー症候群は
「社会性の障害」があるからです。

 

 

みんな生まれてから、自分以外の人に対する
関わり方を徐々に学んで行き、社会の中で
生き抜く力をつけていきます。

 

 

「社会性の障害」が起こるといわれている
アスペルガー症候群は、自然に社会性を身に
つけることをとても難しく感じています

 

 

社会性の障害にはこんなものがあります。

 

・時と場合に合わせた服装や言葉選びが出来ない

 

その場の空気を読めない

 

・自分が言った言葉によって相手がどういう反応をするか
 想像できないので率直に意見を述べる。

 

・相手との距離をはかるのが難しい。
 顔を近づけ過ぎたり、そっぽ向いて話をする。

 

・上司にも馴れ馴れしかったり、親しい人に
 他人のような話し方をしたり、距離を保てない

 

周囲の雰囲気や相手の気持ちに、うまく対応できません。

これらが、人間関係のトラブルの原因となっているのです。

障害によって困っている人達

子供の頃は社会性が欠乏していてもそこまで
咎められることはありません。
しかし社会に出てから対人関係でトラブル
起こしてしまうようになります。

 

 

「一生懸命やってるのに全然うまくいかない」
「マナーがなってない」「仕事ができない」
周囲の人に思われている事もしばしば
あるようです。

 

 

先ほど紹介した特性によって、周りから
避けられてしまったり、怒られてしまって
自信を無くしてしまうケースがみられます。

 

 

自分では本当にどこが悪いのかが分からず
批判され悲しい想いをしている人もいます。

 

周囲の理解が無いと、本人は辛い思いをします。

社会で孤立しないよう、相互で理解を深める必要があるのです。

次のページではアスペルガー症候群の障害、
「言語の障害」についてお話します。
本人も相手もお互いに理解が必要です。

 

 

アスペルガー症候群の特徴A言語力へ進む

 

アスペルガー症候群の特徴一覧へ戻る

【管理人の】アスペルガーを改善した方法


アスペルガー症候群の特徴大人TOPに戻る


スポンサードリンク

関連ページ

大人になってから気づく?
アスペルガー症候群とは、ADHD,自閉症と同じ発達障害の仲間です。子供の頃は「わがまま」「少し周りと違う」と言われていた人が、社会に出て初めて問題が大きくなっていくことがあります。
アスペルガー症候群と自閉症の違い
アスペルガー症候群は自閉症の仲間といわれています。総称して「自閉症スペクトラム」と呼ぶ事があります。このページでは「自閉症スペクトラム」と詳しい説明をまとめてみました。
特徴A言語力の障害
「相手の話を聞く事が苦手」「会話がかみあわない」のはアスペルガー症候群の障害のひとつです。言語コミュニケーションの障害と呼ばれ、対人関係でトラブルを巻き起こし易い障害です。
特徴B想像力の障害
「想像力の障害」はアスペルガー症候群の障害の一つです。「想像」が出来ないことによってどのような弊害があるのでしょうか?このページでは想像力の障害による症状をまとめてみました。
特徴C感覚の違い
感覚が敏感すぎたり、鈍感すぎたりする人が周りにはいませんか?そういう方はアスペルガー症候群の可能性があります。五感が上手く働かない不便さをこのページで詳しくお話します。
アスペルガー症候群の人の長所
アスペルガー症候群で上手く行かない事ばかり...と「出来ない事」ばかりが気になってしまいます。実はアスペルガー症候群の人には他の人より得意で、驚くべき長所を持っているのです。
アスペルガー症候群の人が誤解を招き易い時
「変な人だと思われている」「悪気はないのになぜか怒られる」と困っている方もいるといいます。アスペルガー症候群の人はなぜ誤解を招き易いのでしょうか?このページでは詳しくまとめてみました。

 
トップページ 私が改善した方法 管理人の自己紹介