人付き合いを良好に<マナーを学ぼう>

マナーを勉強したいアスペルガー症候群の方へ

マナーでカバーできる!

 

 

お互いに気持ちよく毎日生活出来るように、
マナーを学んでおく事が大切です。

 

非常識、礼儀が無いと言われる前に
素敵なマナーで相手を心地よい気分にする事で
良好な人間関係が築けます。

 

相手の気持ちを考慮するのが苦手なら、疎かに出来ない

事があります。ここで、詳しく説明していきましょう。

知っておきたいマナー

今日から早速ためしてみてください。

 

 

【相手と会話する時】

・相手との距離を考える(1mくらいが良い)

 

視線は相手の眉毛の真ん中あたりへ。
 目を見つめすぎない。

 

・話している相手に顔を向ける

 

・あいづちをうつと良い

 

話の途中で割り込まない

 

【自分が話をする時】

・自分ばかり喋るすぎない。喋り終えたら
 他の人にも話を向ける

 

・丁寧な言葉を使うように心がける

 

・声の大きさを相手の声と同じくらいにする

 

 

【相手の感情をチェックする】

・相手が不思議そうな顔をしていたり、
眉をひそめる、首をかしげるなどの仕草を
見せたらもしかしたら機嫌を損ねているかも

 

そういう場合は「何か失礼な事をしてしまい
ましたか?時々常識から外れた事をする事が
あるので何か気に障ったら教えてほしい
という事を頼んでおくと良いかもしれません。

 

 

・相手が時計を気にしているときは時間が
なかったり、急いでいる場合が。時間はまだ
大丈夫か確認してみると良い。

 

知っておく事で得をします!

【挨拶をする時】

・知り合いにあったら必ず挨拶

 

・挨拶するときは相手の目を見て、複数いる
 場合はそれぞれの人に挨拶をする

 

挨拶は自分からすると気持ちいい

 

・挨拶されたら無視せず、きちんと返す

 

 

【感謝の気持ちを伝える】

・相手が何かしてくれたときはすぐに
 「ありがとうございます」と声に出して
 伝える事が大切

 

 

・笑顔で、相手の顔をみて伝える

 

 

【人に頼み事をする時】

・その人の名前を最初によんで「すみません」
声を書けてから頼み事をする

 

・具体的に何をしてほしいのかはっきりと
伝える

 

・何かしてもらったら相手の目をみて
「ありがとうございました」とお礼をする

 

 

【その他のシチュエーション】

話しかけるタイミングを見計らう
何か作業をしてて話が出来そうにない時に
話しかけると相手の迷惑になります。

 

状況をしっかりと観察してタイミングを
見計らって声をかけることが大切。

 

これらのポイントを、日常に生かしてみましょう。

きっと驚くほど、人間関係がスムーズにいくでしょう。

 

次のページでは毎日を快適に過ごす為に出来る
アイディアのお話をします。
楽しい日を過ごす秘訣をご紹介します!

 

 

毎日快適に過ごすヒントへ進む

 

アスペルガー症候群診断テストに戻る

【管理人の】アスペルガーを改善した方法


アスペルガー症候群の特徴大人TOPに戻る


スポンサードリンク

 
トップページ 私が改善した方法 管理人の自己紹介