ADHD(注意欠陥多動性障害)について学ぼう

ミスが多い、落ち着きが無いなどの症状に困っている方へ

2〜3歳頃からあらわれる症状も!

 

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)について
ご存知ですか?

 

 

英語訳はAttention-Deficit(注意欠陥)
Hyperactivity (多動性)
Disorder(障害)です。

 

 

ADHDは3種類のタイプに分かれます
「不注意型、多動・衝動性型、混合型」です。

 

ADHDに関しても、認知度が高まりつつあります。

正しく理解するために、特徴について説明します。

3つのタイプについて

不注意型

気が散り易く、集中力が続かない
ミスが多い、繰り返す
整理整頓が苦手

 

 

忘れ物、なくしものが多い
身だしなみが気にならない

 

 

多動性

じっとしていられない、落ち着きが無い
授業中などに立ち、歩いたりする

 

 

貧乏揺すりをする
早口ではなす

 

 

 

衝動性

感情などをコントロールできない
思った事をすぐ口に出してしまう

 

 

けんかしやすい
順番が待てない
人が持っている物を黙ってとってしまう

 

 

いずれも学校や社会などでなんらかの問題を
起こしてしまうようです。

 

 

人によって症状は様々ですが多動性は
2、3歳頃に症状が出て、
小学生高学年から中学生がピーク。
それからはおさまってきます。

 

子供のADHDは、しつけが悪いと見られがちです。

ですが、発達障害だと認知してあげる事が大切なのです。

 

大人のADHD

先ほど話に出た通り多動性は9歳前後が
ピークで落ち着いて来ます。なぜかというと
自分の力で学習して、行動を抑制する事が
出来るようになるからです。

 

 

大人になってから目立つ症状は不注意、衝動
です。社会で問題をきたしやすいのが不注意
といわれています。

 

 

 

 

衝動性の人は自分でコントロール出来る様に
なるので不注意ほどは大変ではありません。
しかし時によってはトラブルを起こし易い
ので注意が必要です。

 

 

不注意は約束を忘れる。ミスを繰り返す。
集中時間が短いため、仕事場での評価
下がってしまう可能性があります。

 

 

それによって自分に自信をなくしてしまう人
もいるようです。

 

大人のADHDは、生活に影響する事もあります。

症状に心当たりがないか、チェックする事は欠かせません。

 

 

次のページではADHDが起こる仕組みや
治療法などのお話をします。
大人に使える薬が無いって本当?!

 

 

ADHDの治療法に進む

 

アスペルガー症候群と発達障害の関係に戻る

【管理人の】アスペルガーを改善した方法


アスペルガー症候群の特徴大人TOPに戻る


スポンサードリンク

関連ページ

脳の機能障害ってどういうもの?
アスペルガー症候群、ADHD、LD、発達性協調運動障害などの発達障害はいったいどのような特徴をもっているのでしょうか?このページでは発達スペクトラムについてもうすこし踏み込んでお話します。
LD(学習障害)について
アスペルガー症候群と同じ発達障害スペクトラムの仲間である「LD(学習障害)」がいったいどのような特徴をもたものかをこのページではできるだけ詳しくお話していきます。
LDの症状とは?
話す、聞く、読む、数字等の学習能力になんらかの障害をもっていると言われるLD。はたしていったいどんな症状がそれぞれの学習能力にみられるのでしょうか?このページでは少し詳しくまとめてみました。
ADHDの治療法って?
注意欠陥多動性障害はいったいなぜ起こるのか?薬物療法は使えるの?などのお話をします。すこし専門用語が多いので難しいかもしれませんが出来るだけ簡単にまとめてみました。
発達障害の人は体のバランスが悪い?
アスペルガー症候群をはじめとする「発達障害」の共通の症状として体のバランスをとるのが難しい、不器用な人が多いといわれています。このページではそれらの詳しい症状をまとめてみました。
親の原因で起こる障害ではない
知的な遅れはみられないけれども生活上変わった行動をする、変わった子にみられてしまう発達障害の子は「親のしつけが悪い!」という風に誤解されてきました。このページでは決してそんな事はないというお話をします。
エピジェネティクスって?
あなたは化学物質が遺伝子の働きを変えてしまうという真実を知っていますか?今「エピジェネティクス」という言葉が世間に知られて来ています。このページでは「エピジェネティクス」についてお話します。
てんかんやトゥレット症候群とは
アスペルガー症候群は二次障害のほかに、併発しやすい病気があることをご存知でしたか?このページでは併発しやすい病気と、それらがどんな病気で治療法があるかどうかなどのお話をします。
アスペルガー症候群の二次障害
発達障害には様々な二次障害があります。それらはどのような原因で、どんな流れで起こってしまうのか?このページではどのような二次障害があるか等、二次障害について詳しく触れてみました。
発達障害の二次障害の種類
ここでは、アスペルガー症候群と発達障害の関係について解説します。アスペルガー症候群は、LDやADHDなどの発達障害と一緒にかかることが多いです。この2つについて知っておくことも必要です!

 
トップページ 私が改善した方法 管理人の自己紹介