アスペルガー症候群の人とどう会話すると上手くいくか?

お互いにとって良い人間関係を築く方法を知りたい方へ

コミュニケーションの仕方を工夫したらお互いが仕事しやすくなった!

 

 

 

仕事をしていると「指示」をしたり「報告」
をしたりとコミュニケーションが必ず必要
になります。

 

 

アスペルガー症候群の人と会話する時には
少し気を配って指示をすることでお互いに
仕事をやりやすい環境が作れます。

 

職場において、双方のコミュニケーションは大切です。

アスペルガー症候群の方と接する際の、ポイントをまとめます。

 

分かりやすい指示の仕方

アスペルガー症候群の特性として
言葉の理解はしていても解釈の仕方
他の人と違う事があります。

 

 

それからあいまいな表現、
例えば「うまく」とか「しっかり」などの言葉は
混乱しやすくなるので
使うのは避けた方が良いです。

 

 

必要な事だけ伝える

 

余計なことは付け加えない

 

口頭だけでは指示が不十分なときも。

 

絵や文字等、目でみてわかるものも用意

 

説明は具体的に簡潔に

 

なにか変更になる場合はその後の流れを伝える

 

ミスをした時は出来れば叱らず、正しい方法を教える方が良い

 

仕事を指示するときは手順や方法を明確に!

しかもなるべく、シンプルに伝える事が必要になります。

 

相手に寄り添って会話しよう

理解を深めるために、口頭で伝えるのと
同時に指示事項、必要事項をメモした紙
渡すなどの工夫もできます。

 

 

アスペルガー症候群の人は軽く叱った場合
でもその言葉をストレートに受け取るため
「だめ」「してはいけない」などの否定する
言葉は避けた方が良いです。

 

 

簡単にシンプルに伝える事で分かりやすい
指示だと思ってもらえます。

 

 

例えば…
「この仕事とこの仕事があるけど、予定を
考えるとこっちの仕事のほうがいいから
こっちをやって」というよりは

 

 

「○○社の仕事をしてください」
余計な情報は省いて指示することが
大切です。

 

否定的な言葉は、なるべく使いません。

簡潔に指示を出し、次のステップを伝える事がポイントです。

 

次のページではさらに仕事しやすい環境を
つくるためのコツをお話します。
少し気を配ると作業効率がグンとアップ!

 

 

アスペルガーの人が働きやすい職場作りに進む

 

アスペルガー症候群の支援一覧に戻る

【管理人の】アスペルガーを改善した方法


アスペルガー症候群の特徴大人TOPに戻る


スポンサードリンク

関連ページ

能力を活かせる仕事
アスペルガー症候群の人を助けたいと思っている周りの方に是非読んでいただきたいページです。このページではアスペルガー症候群の特性を活かした仕事の見つけ方についてお話します。
働きやすくなる職場作り
このページではアスペルガー症候群の人が仕事をしやすい環境をつくる方法をお話します。ジョブコーチを頼む方法や、仕事場で出来る工夫を紹介するので、職場にアスペルガー症候群の方がいる時はぜひ試してみてください。

 
トップページ 私が改善した方法 管理人の自己紹介